105Plofile

2016年12月4日 Delivery Works 俵藤ひでと

俵藤ひでと / Hideto Hyodo
アクリル職人・デザイナー・作家

アクリルを中心にプロダクトからアートピース、伝統文化から店舗什器まで、
領域を選ばず立体物のデザイン及び製作を行なう。

(有)ひょうどう工芸取締役。
2002年、デリバリーワークス―クス設立
2004年、現代手工業乃党 設立
2006年〜 多摩美術大学環境デザイン科・素材実習特別講師

mail: hideto@delivery-works.com

contact: 〒108-0072 東京都港区白金6-2-17 有限会社ひょうどう工芸
tel: 03-3473-3046  fax: 03-3473-3084

 

Exhibition
2003 DESIGNERS BLOCK /ZERO FIRST代官山
2004 TIME & STYLE EXISTENCE/南青山
2005 TIME & STYLE HOME/自由が丘
2006 装飾主義展/Living Design Center OZONE 新宿
2007 照明展/MAXRAY show room 中目黒
2008 誰かの為のギフト&トロフィー展/IID Gallery 池尻
2009 ホームアクセサリー展/IID Gallery 池尻
2010 現代手工業展/IID Gallery 池尻
2010 mizukagami/Rocket 原宿
2010 mizukagami/森ビルArt+Design Store 六本木
2011 melt/right box studio 南青山
2011 ミヤケマイ“獏迷路”展/Bunkamura ギャラリー 渋谷
2012 YOUR TOOL/right box studio 南青山
2013 YOUR TOOL/東京都美術館MUSEUM SHOP
2013 New Direction in Jewelry/松屋 銀座
2013 現代手工業展10th/3331 ARTS CHIYODA
2014 Stockholm Furniture & Light Fair /Stockholm
2014 春夏の茶道具展/八雲茶寮 自由が丘
2015 個展“アクリルのリアル”/GOSARO 恵比寿
2015 THE GIFTER /elephant studio 渋谷
2015 現代手工業展11th/L-STUDIO HIGASHIYAMA 中目黒
2016 現代手工業展12th/elephant studio 渋谷
2016 資生堂「LINK OF LIFE/エイジングは未来だ」展 銀座

 

Works
2004 宇都宮美術館リートフェルト展“赤と青の椅子”へのオマージュ製作
2005 講談社「VOCE」 Beauty Award/トロフィーデザイン製作
2006 FRANCK MULLER/ディスプレイ什器製作
2007 資生堂「ZEN」Paris Exhibition/ギフトデザイン製作担当
2008 米原康正“TOKYO AMOUR” in N.Y/コラボレレーター、製作担当
2009 HISUI 2010 Tokyo Collection/衣装製作協力
2010 JILL STUART/店舗アクリル装飾(設計:LINE inc.)
2011 SWAROVSKI x Hello Kitty ART OBJRCT表参道ヒルズ
2011 NIKE HIPERFUSE Collection Dispray/デザイン製作
2012 LA SORA SEED FOOD RELATION RESTAURANT
東京スカイツリーソラマチ/アクリル装飾担当(設計:株式会社UDS)
2012 サクラクレパス創業90周年限定プロダクト/製作担当
2012 小学館「Precious」 BEAUTY AWARD/トロフィーデザイン製作担当
2013 グローバルダイニングLB8代官山/アクリルシャンデリア製作担当
2013 経産省クールジャパンファンドオフィス/サイン製作担当
2013 ザ・ペニンシュラ東京/クリスマスツリー製作デザイン管理
2014 幻冬舎「GINGER」 BEAUTY AWARD/トロフィーデザイン製作担当
2015 NIKE FUTSAL (LIGA TOQICO CUP)/トロフィーデザイン製作担当

 

Award
2011 日本広告写真家協会APAアワード2011経済産業大臣賞(グランプリ)  「アクリルの茶杓」フォトグラファー/北川礼生
2011 東京ADC 2011年度ADC賞  「長嶋りかこ・俵藤ひでと“mizukagami”」 アートディレクター/長嶋りかこ

104Timeless Table

2016年12月4日 Delivery Works 俵藤ひでと

Timeless Table / Hideto Hyodo

Hideto Hyodo

Hideto Hyodo

 

 

永遠と瞬間
瞬間と永遠

遠い記憶
忘れたくない記憶

思い出せない記憶
失われた記憶

波紋のように
出来ては消えて
消えては出来て

更新される記憶

留めることの出来ない瞬間
取り戻すことの出来ない感覚

瞬間を永遠に

絵画のように
彫刻のように
写真のように

時の無い世界

eternity and moment
moment and eternity

a far away memory
a memory to hold on to

a memory beyond recollection
a lost memory

like the ripples
appearing and disappearing
disappearing and appearing

renewed memories

a moment that can’t be retained
an irreversible feeling

moment to eternity

like a painting
like a sculpture
like a photograph

a timeless world

103Mother Mirror

2016年12月4日 Delivery Works 俵藤ひでと

CD:Shingo Kawamura
D:Takatoshi Yamada
Photo:Yuri Takada

CD: Shingo Kawamura
D: Takatoshi Yamada
Photo: Yuri Takada

CD: Shingo Kawamura
D: Takatoshi Yamada
Photo: Yuri Takada

CD: Shingo Kawamura
D: Takatoshi Yamada
Photo: Yuri Takada

CD: Shingo Kawamura
D: Takatoshi Yamada
Photo: Yuri Takada

CD: Shingo Kawamura
D: Takatoshi Yamada
Photo: Yuri Takada

102lighting fixture

2016年2月17日 Delivery Works 俵藤ひでと

design : NAP / Hiroshi Nakamura
director : t.c.k.w
photo : t.c.k.w

design : NAP / Hiroshi Nakamura
director : t.c.k.w
photo : Nakasa and partners

design : NAP / Hiroshi Nakamura
director : t.c.k.w
photo : Nakasa and partners

design : NAP / Hiroshi Nakamura
director : t.c.k.w
photo : Nakasa and partners

 

 

 

 

project : LB8-Daikanyama / GLOBAL-DINING,INC.
director : Takuomi Higuchi
design : Hideto Hyodo

project : LB8-Daikanyama / GLOBAL-DINING,INC.
director : Takuomi Higuchi
design : Hideto Hyodo
photo : Nakasa and partners

project : LB8-Daikanyama / GLOBAL-DINING,INC.
director : Takuomi Higuchi
design : Hideto Hyodo
photo : Nakasa and partners

 

 

 

 

“garnish garnish”
design : Hideto Hyodo
photo : Kozo Takayama

“garnish garnish”
design : Hideto Hyodo
photo : Kozo Takayama

“garnish garnish”
design : Hideto Hyodo
photo : Kozo Takayama

 

“garnish garnish”
design : Hideto Hyodo
photo : Kozo Takayama

“garnish”
design : Hideto Hyodo

 

 

 

 

101グラデーションのアクリル

2016年2月9日 Delivery Works 俵藤ひでと

 

経産省のクールジャパンプロジェクトが牽引する官民ファンドの会議室のサイン表示に採用されました。

 

client:Cool Japan Fund Inc.,
interior & furniture design : a-study
traditional craft director : Yudai Tachikawa, Tomoko Suzuki/t.c.k.w

client:Cool Japan Fund Inc.,
interior & furniture design : a-study
traditional craft director : Yudai Tachikawa, Tomoko Suzuki/t.c.k.w

client:Cool Japan Fund Inc.,
interior & furniture design : a-study
traditional craft director : Yudai Tachikawa, Tomoko Suzuki/t.c.k.w

client:Cool Japan Fund Inc.,
interior & furniture design : a-study
traditional craft director : Yudai Tachikawa, Tomoko Suzuki/t.c.k.w

client:Cool Japan Fund Inc.,
interior & furniture design : a-study
traditional craft director : Yudai Tachikawa, Tomoko Suzuki/t.c.k.w
photograph: Toshiyuki Yano,Tsukuru Asada

client:Cool Japan Fund Inc.,
interior & furniture design : a-study
traditional craft director : Yudai Tachikawa, Tomoko Suzuki/t.c.k.w
photograph: Toshiyuki Yano,Tsukuru Asada

client:Cool Japan Fund Inc.,
interior & furniture design : a-study
traditional craft director : Yudai Tachikawa, Tomoko Suzuki/t.c.k.w
photograph: Toshiyuki Yano,Tsukuru Asada

client:Cool Japan Fund Inc.,
interior & furniture design : a-study
traditional craft director : Yudai Tachikawa, Tomoko Suzuki/t.c.k.w
photograph: Toshiyuki Yano,Tsukuru Asada

100寄せアクリルの箱/A box made of “Yose-Acrylic”

2016年2月9日 Delivery Works 俵藤ひでと

 

アクリルパーツを組合せ、貼り合わせ、そして表面を研ぎ出して板を作る「寄せアクリル」。
裏も表も全て断面が反影されている。断面にこそ物の本質があり、それはとても美しい。

 

A tea chest of “Yose-Acrylic” for Japanese traditional tea ceremony
Photo: Madoka Akiyama

A tea chest of “Yose-Acrylic” for Japanese traditional tea ceremony
Photo: Madoka Akiyama

A made of “Yose-Acrylic”
Photo: Madoka Akiyama

A made of “Yose-Acrylic”
Photo: Madoka Akiyama

A made of “Yose-Acrylic”
Photo: Madoka Akiyama

A made of “Yose-Acrylic”
Photo: Madoka Akiyama

Stockholm Furniture Fair 2014
“Material Attraction Scandinavia Likes Japan”
Photo:Hironori Tsukue

Stockholm Furniture Fair 2014
“Material Attraction Scandinavia Likes Japan”
Photo:Hironori Tsukue

box made by JAM HOME MADE x Delivery Works /
for Masamichi Katayama

box made by JAM HOME MADE x Delivery Works /
for Masamichi Katayama

Made by JAM HOME MADE x Delivery Works /
for Masamichi Katayama

ArrayYOUR TOOL

2016年1月9日 Delivery Works 俵藤ひでと

 

“YOUR TOOL”

When creating an object, a tool to measure the slope of an object.
Oscillating between emotions… in your life… a necessary tool.

 

 

 

 

 

098melt

2015年12月9日 Delivery Works 俵藤ひでと

melt

One day,
the evident and the beauty
I believed in melted down in to
a shapeless form like water,
taking the ordinary days
and even memories with it.

The precious things
I held in my hand started melting away.
And now, I don’t even know
what they were anymore.

But I pick each piece up
and recollect them all.

melt / value

melt / unknown

melt / memories

melt / ordinary

 

melted woman

 

ある日

これまで信じてきた 正しさ 美しさ そして日常や記憶ですら溶け出して
水の様な形の無いものになっていった

僕の手の中にあった 大事なものも 溶け出してしまい
今となっては それが何であったのかもわからない

だけどもまた 僕はそれを拾い集める

3.11, 2011

 

despair

 

melt / everything

melt / everything

097サクラクレパス700色・CRAY-PAS 700

2015年11月9日 Delivery Works 俵藤ひでと

 

サクラクレパスが創業90周年を迎え発表した、限定50セットの記念プロダクト
700色のクレパスのパッケージ。

 

C:SAKURA CRAYPAS
CD: Tadahiro Konoe
Photo: Emi Kumagai

C:SAKURA CRAYPAS
CD: Tadahiro Konoe
Photo: Emi Kumagai

C:SAKURA CRAYPAS
CD: Tadahiro Konoe
Photo: Emi Kumagai

C:SAKURA CRAYPAS
CD: Tadahiro Konoe
Photo: Emi Kumagai

C:SAKURA CRAYPAS
CD: Tadahiro Konoe
Photo: Emi Kumagai

C:SAKURA CRAYPAS
CD: Tadahiro Konoe
Photo: Emi Kumagai

C:SAKURA CRAYPAS
CD: Tadahiro Konoe
Photo: Emi Kumagai

080アクリルで空想のクリスタルの原石を作る

2012年10月8日 Delivery Works 俵藤ひでと

ここに、H650W250D250のアクリルのブロックがあります。重さは49Kg。

厚さ50mmのアクリルの板を5枚重合接着で貼り合わせて作ってもらいました。

水族館の大きくて、ぶ厚い板の水槽を作る時と同じ手法です。

ここから何をするのかと言いますと、このブロックを削り出して大きな「クリスタルの原石」を製作します。

3週間かけて、徐々にカタチにして行く過程を紹介したいと思います。

クリスタルの原石はいわば結晶体なので、不等辺6角柱のプリミティブな形状を基にデザインしていきます。

先ずは粗切りをして行く。

この仕事を請ける際に、ちまちまグラインダー等で削って行ったら年が明けてしまうので、

大胆に粗切り出来る工具を使わないとイカンと言うことで、電動セーバーソーを購入。

もちろんアクリル用の工具ではないし、刃渡りが30cm以上のノコ刃もアクリル用などもないので、

アクリルが、ガリっと欠けたりしないか少し不安でしたが、もうやるしかありません。

まるで、マグロの解体ショー。

はたしてこんな事をやっているアクリル業者は他にいるのだろうか?

ほとんどアクリルとの格闘です。

「ドゥルルルルルル」と、電動工具から強くて小刻みな振動が身体中を駆け巡ります!

長く作業をやり過ぎるとちょっと危険かも。

筋肉痛のみならず身体の血行が良くなり過ぎて、因果関係はわからないが、ウチの親父さんの場合は一時的に血圧が上がってしまった。

あぶない。

倒れてしまっては困るので、お互い休みやすみ、交代で作業を進めることを心に決めました。

大きな氷砂糖みたい。

アクリルは切って行く際に摩擦で熱を持って粘り、ノコ刃が焼き付いて切れなくなるので、

どんどん交換して行きます。ノコ刃を10本以上ダメにしました ・・・

粗切りでざっくりとある程度つくり、

ここからはグラインダーや、ベルトサンダー、オービタルサンダーで小さなカットを付けて行きます。

発泡スチロールの模型でイメージをつかみながら、同時進行で形を作り、カットする箇所を決めて行きます。

失敗すると元に戻せないので、悩みながら慎重に進めます。

耐水ペーパーを使い、手仕事でカット面を研ぎ出す。

少しずつ耐水ペーパーの目を徐々に細かくして削って行く、

とにかく地道な作業が何日も続きます。

カット面が整ってきました。

現状は磨りガラスの様なマットな質感ですが、バフで研磨すると徐々に透明になり、輝きが増してきます。

微妙なデコボコや細かい削り跡を、磨いてはチェックして、

耐水ペーパーで削り整え、またバフで磨くを、何度も繰り返して仕上ていきます。

仕上げの耐水ペーパーの最終番手は最低1000番。

場所によっては1500番。かなり細かくしていきます。

そのようにしておけば、

バフを軽くあてるだけ仕上げられるので、

面がダレず、カット面がシャープに出来る。

フィニッシュかなー

” FINAL FANTASY “というゲームソフトのイベントの為に製作したものでした。

納期にも間に合い、出来もかなり良かったと思います。納められてホッとしました。

最初は本当に出来るか不安もあり、引き受けるかどうかも悩みましたが、

やってみたいという気持ちの方が強かった。

こんな仕事なかなかやらせてもらえないので、またひとついい経験になりました。