073NIKEさんのお仕事

2011年9月13日 Delivery Works 俵藤ひでと

7月のはじめ、ウチの工房3軒左隣りの設計施工事務所レストの長谷川くんから

「俵藤くん、仕事ぉ〜」と電話。行こうと思えば30秒で行ける距離。
代理店の方もその場におられて、すぐにミーティング。
「NIKEさんのお仕事なんですが、こんな事を考えてます。出来ますでしょうか?」

NIKE HIPERFUSE (ハイパーフューズ) という、
縫製をせず熱圧着によって一体成形するシリーズがあるようで、
昔の型(AIR MAX 90、AIR FORTH 1など)のシューズを、そのテクノロジーでリデザインされたコレクションのPR。

色はヴィヴィッドで、パーツがレイヤー状に重なっている感じをアクリルで表現できないか。
それを、ウィンドーいっぱいにディスプレイしたいと。
「まだプレゼン段階ですが、4日後にそのプレゼン的なものが・・・」
サンプル製作費出します。プレゼンに通らなくても自腹切りますという男気を買い、
大至急デザインとグラフィックデータを作成し、3日で作りました。
外注業者さんにも休日出勤強要(ご無理を言ってスイマセンでした)


3枚のアクリルパーツを重ね、スニーカーのグラフィックもレイヤー別に分かれ、少し立体感を出してます。
グラフィックはレーザー彫刻で削っている。

数日後、このデザイン案が通ったと言う嬉しいお知らせと、
同時に5店舗やる事が決まったと言う、大変なお知らせを頂きました。

セレクトショップ「BEAMS」さんの店舗を中心に、
スニーカー専門ショップさんの売り場を一定期間お借りして展開する予定で、
場所は、渋谷、池袋、上野、大阪、それぞれの店舗に合わせたディスプレイを行う。

レストの長谷川くんも、ハンガーやディスプレイ台、どでかい什器の設計や製作の手配などで、大忙し間違い無し。

しかし、企画デザインが固まるまで、展開する予定の各店舗さんへは話しが通らないので、
現場採寸や現場写真撮影などが堂々と出来ない。
でも、現場行ってボリューム感や、環境状況を調べないと見積りも出せない。
なので、「天高、2500くらい?」とか、「450ミリ角のタイルが5枚分ぐらいだから・・・」
とか、現調は勘だより。

ところが、店員さんとスニーカー談義に花を咲かせるレスト長谷川くん。(長谷川くんはスニーカー大好き)
「このスニーカー、マジいいっすね!買っちゃおうかなー」と、本気で買い物しようとしているのか?
ちょっと不謹慎じゃない!マジメにやってよ、と思ったのですが、
どうやら、店内で明らかに商品を見ず、天井と床ばかり調べる不審な僕をカバーリングしてくれてたみたいです。

とまあ、お互いをサポートしつつ、ご近所という地の利を活かした最速連携プレイで、何とか無事に同時5店舗
納める事が出来ました。

デカい什器を組立てる、レストさん達。

高さ2.3Mあるディスプレイ什器のフレーム。

渋谷atmosのウィンドウ

枠をはめ、ワイヤーを張って吊っている。

渋谷BEAMSのウィンドウ


100個ぐらい吊ってます。

子供の頃に見てた、たくさんの色のアクリルがいっぱい。
久々に、アクリルらしい作りものをやった気がしました。

これが“NIKE HIPERFUSE”コレクション

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリのはてなブックマーク数このエントリをつぶやく

NIKEさんのお仕事 への3件のコメント

  1. 2011年9月13日
    EXIT METAL WORK SUPPLY 清水薫さんがコメントしました。

    超クールです!
    やったね ひようどう君!

  2. 2011年9月20日
    shawn&megu  久保田大喜さんがコメントしました。

    俵藤さん、コレは例のヤツですね、、
    カッコいいです。ぼくも欲しいです。
    アクリルってやっぱりいいですね〜

  3. 2011年10月3日
    TRUSS BOX 伊藤洋介さんがコメントしました。

    流石!!

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインする必要があります。