080アクリルで空想のクリスタルの原石を作る

2012年10月8日 Delivery Works 俵藤ひでと

ここに、H650W250D250のアクリルのブロックがあります。重さは49Kg。

厚さ50mmのアクリルの板を5枚重合接着で貼り合わせて作ってもらいました。

水族館の大きくて、ぶ厚い板の水槽を作る時と同じ手法です。

ここから何をするのかと言いますと、このブロックを削り出して大きな「クリスタルの原石」を製作します。

3週間かけて、徐々にカタチにして行く過程を紹介したいと思います。

クリスタルの原石はいわば結晶体なので、不等辺6角柱のプリミティブな形状を基にデザインしていきます。

先ずは粗切りをして行く。

この仕事を請ける際に、ちまちまグラインダー等で削って行ったら年が明けてしまうので、

大胆に粗切り出来る工具を使わないとイカンと言うことで、電動セーバーソーを購入。

もちろんアクリル用の工具ではないし、刃渡りが30cm以上のノコ刃もアクリル用などもないので、

アクリルが、ガリっと欠けたりしないか少し不安でしたが、もうやるしかありません。

まるで、マグロの解体ショー。

はたしてこんな事をやっているアクリル業者は他にいるのだろうか?

ほとんどアクリルとの格闘です。

「ドゥルルルルルル」と、電動工具から強くて小刻みな振動が身体中を駆け巡ります!

長く作業をやり過ぎるとちょっと危険かも。

筋肉痛のみならず身体の血行が良くなり過ぎて、因果関係はわからないが、ウチの親父さんの場合は一時的に血圧が上がってしまった。

あぶない。

倒れてしまっては困るので、お互い休みやすみ、交代で作業を進めることを心に決めました。

大きな氷砂糖みたい。

アクリルは切って行く際に摩擦で熱を持って粘り、ノコ刃が焼き付いて切れなくなるので、

どんどん交換して行きます。ノコ刃を10本以上ダメにしました ・・・

粗切りでざっくりとある程度つくり、

ここからはグラインダーや、ベルトサンダー、オービタルサンダーで小さなカットを付けて行きます。

発泡スチロールの模型でイメージをつかみながら、同時進行で形を作り、カットする箇所を決めて行きます。

失敗すると元に戻せないので、悩みながら慎重に進めます。

耐水ペーパーを使い、手仕事でカット面を研ぎ出す。

少しずつ耐水ペーパーの目を徐々に細かくして削って行く、

とにかく地道な作業が何日も続きます。

カット面が整ってきました。

現状は磨りガラスの様なマットな質感ですが、バフで研磨すると徐々に透明になり、輝きが増してきます。

微妙なデコボコや細かい削り跡を、磨いてはチェックして、

耐水ペーパーで削り整え、またバフで磨くを、何度も繰り返して仕上ていきます。

仕上げの耐水ペーパーの最終番手は最低1000番。

場所によっては1500番。かなり細かくしていきます。

そのようにしておけば、

バフを軽くあてるだけ仕上げられるので、

面がダレず、カット面がシャープに出来る。

フィニッシュかなー

” FINAL FANTASY “というゲームソフトのイベントの為に製作したものでした。

納期にも間に合い、出来もかなり良かったと思います。納められてホッとしました。

最初は本当に出来るか不安もあり、引き受けるかどうかも悩みましたが、

やってみたいという気持ちの方が強かった。

こんな仕事なかなかやらせてもらえないので、またひとついい経験になりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリのはてなブックマーク数このエントリをつぶやく

アクリルで空想のクリスタルの原石を作る への5件のコメント

  1. 2012年7月8日
    shawn&megu  久保田大喜さんがコメントしました。

    なっ、何カラットですか、、?
    すごいですね〜、これはもう職人としての意地ですね〜
    う〜ん美しィ〜

  2. 2012年7月8日
    special sourceさんがコメントしました。

    すごい!感動的だね!

  3. 2012年7月9日
    井口産業 井口隆一郎さんがコメントしました。

    涼しげなのに内容が熱い!
    しかし、さすがです。
    今まで無いものを作るのは並大抵ではありません。

  4. 2012年7月9日
    REYT INC.さんがコメントしました。

    キレイ!!!
    水族館の水槽を作る技術、ココにいきているってとこに萌えてしまいました。笑
    いやー、何度見てもキレイですねー。。

  5. 2012年7月9日
    EXIT METAL WORK SUPPLY 清水薫さんがコメントしました。

    ハッキリ言って Great !
    日本一だよ、、、

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインする必要があります。