103鋼鉄のキャンバス

2013年12月25日 EXIT METAL WORK SUPPLY 清水薫

福岡に工場を移してから約1年がたちますが

先日 福岡にて、CLEAR EDITION がプロデュースするart exhibition

「MADSAKI x UFO 907 “Brooklyn Tourist”」のために

ワイド4,5m の鋼鉄のキャンバスを製作しました

キャンバスのフレームをカットしたら やっぱり長いので

ワイド3mの作業台を二つ繋げて加工しました

フレームを立ち上げてみる

現場が3階の風呂場だったトコなのでノックダウン式に作る

鉄板を固定してみる

鉄板を 表からビス止めしてしまうと

作品が出来てから 後日分解する時に

ビスの部分の塗料が無くなってしまうので

鉄板を裏から固定できるようにしました

で、現場に搬入してから組み立て開始

まずは フレームを 柱と柱の間に

コンクリートアンカーにて固定

鉄板を貼って完成です

スンゲー重たい鋼鉄のキャンバスが

宙に浮いてるみたいで いい感じです

ここからはMADSAKI のアートワークの始まり

塗料をブシャーっとして

メッセージを書いてその部分を

グラインダーでガリガリ削って完成

近くで見ると こんな感じ

バリCool です

この展示は福岡の大名にあるcafe galleria にて

来年の1月末までの予定です

詳しくは 以下のinfoまで

cafe galleria

福岡市中央区大名2-1-50

tel 092-751-2189

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリのはてなブックマーク数このエントリをつぶやく

鋼鉄のキャンバス への2件のコメント

  1. 2013年12月25日
    REYT INC.さんがコメントしました。

    重たい! 持ちたくない。笑
    しかも”メッセージ”、いーですねー。爆

    今年も1年、ありがとうございました。
    また来年もよろしくお願いします!

  2. 2014年1月5日
    KNUT ceramic studio 小川由利子さんがコメントしました。

    確かにすごい重そう(笑)だけど面白いですね。かっこいい
    実際のを観てみたいです!

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインする必要があります。