工作機械のデザイン

2012年12月27日 FACTUSDESIGN INC. ハチロブンシュウ

ご無沙汰しております。ファクタスデザインのハチロブンシュウです。「現代手工業乃党の展示会」ではとても沢山のお客様にご来場いただきありがとうございました。また沢山の出会いが出来てとても感謝しております。
今回は、工作機械のデザインをしましたのでそれのプロセスを少しお話します。
私は元々、インダストリアルデザイン事務所に勤務していたこともあり現在もデザイナーとしての肩書をそのまま、色々な活動ができればいいと考えています。今でも沢山のクライアントの依頼でさまざまなプロダクトのデザインに携わっています。私の担当しているデザイン製品の場合はほとんどの場合機密保持契約を結びデザインをする関係上、どの企業のどの製品をデザインしたとか公表できるものはあまりありません。そんなこともあり自分で企画して自分で販売するものを今は作り始めています。
そんな中でも製造メーカー株式会社岩間工業所の快諾をいただきましたので、今回は私のデザインした製品のプロセスをご紹介しおます。
どんな場合でも製品には、購入する人がいて、それを使用する人(ターゲット)がおり、その製品を使う場所(シーン)があります。それらを研究して、デザインコンセプトを立てます。
今回の製品の場合、ターゲットはデザイン事務所や企業のデザイン部門、企業の開発部門などがシーンでターゲットはデザイナーや開発者になります。
元々の製品がありそのモデルのリファイン(モデルチェンジ)は特に私の得意とするデザイン分野で、実験装置や分析機器など様々な製品のリファインをお手伝いしてきました。外観の筺体のデザインを変更することで、製品の使いやすさなどは大幅に変わったり、第一印象で購買の意欲は相当に影響するものです。そんなリファインはとても楽しく、ビフォーアフターがはっきりするので、私はデザインのし甲斐がありとても楽しくデザインしてます。
今回は、超コンパクトな工作機械のリファインを担当しました。
工作機械の以前
今回の担当した機械の以前のモデルの外観です。この製品ですが、とてもコンパクトなマシニングセンターと呼ばれる工作機械で、樹脂やアルミ、等の金属を削り出して、製品の原型等を作る機械です。私は、自身でも同様の機械を2台所有してますので、使用状況がよくわかりましたので、とてもデザインしやすい対象物となりました。
この製品を使用する場合は、段取りと言って、加工する材料をセッティングするまでがとても重要で、機械の内部に体を突っ込んでかなりの長時間作業をするので、その体勢に負担のかからない操作性を求めました。
以前のモデルは内部で作業するドアが小さすぎて窮屈そうな印象でしたので、そこが最大の改良点だと考えました。操作部分がドアの上部にあるため腰を屈めて内部での作業は経験上あまり好ましくありません。
そこで今回は、操作部を横にずらし、ドアを大ききして、開口部分を大型にして使用者に負担のかからない姿勢で作業ができるように検討しました。
工作機械モデリング
工作機械ドローイング
そのデザインの様子のスクリーンショットがこれです。私のデザインフローとしては簡単なラフスケッチを手書きで書き、それを頭でまとめでいきなりモデリングしながらデザインしていきます。それは小さな指輪でも、大きな工作機械でも全く同じプロセスです。モデリングしたものは画面上でほとんどイメージ通りにレンダリング出来ます。
工作機械レンダリング
レンダリングしたモデリングデータはそのまま、設計に使うことができるのでとても短いリードタイムで量産まで行うことができます。
レンダリングしたものは、さまざまのアングルなどでレンダリングしてプレゼンテーションします。
今回はこのデザインのほか対案も提案しました。私のところでは3案程提案することが多いですが、モノによっては5案提案することも1案だけの時もあります。
クライアントにより、デザイン案をどこまでリアルに製品に反映できるかは、コスト的な問題や構造的な問題から大きくかけ離れたモノになる場合もありますが、今回のデザインした製品はかなり忠実に表現されていると思います。
工作機械画像1

今回の製品の場合、操作パネルの厚みを薄くして、工作機械独特な操作パネルを軽快に見せようと考えましたが残念ながら内部の機械の大きさにより厚みはこれ以上薄く出来なかったようです。工作機械の場合、どのメーカーの製品もほとんどが、このような操作パネルなのですが、あまりにもスイッチ一つ一つが、武骨な市販品なので、そこがこれからこの様な工作機械のデザインをする場合の一つのポイントなのではと思います。
この工作機械ですが現在は当社の「マシン3号」として稼働してます。この工作機械でさまざまのオリジナル製品を開発してます。
このような工業製品のデザインから腕時計のような小さなものまでデザインするもの、わたしの仕事です。
このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリのはてなブックマーク数このエントリをつぶやく

工作機械のデザイン への2件のコメント

  1. 2012年12月27日
    EXIT METAL WORK SUPPLY 清水薫さんがコメントしました。

    この機械、ハチロさんがリファインした後の方が
    「今までのは何だったの ? 」っていうくらい
    カッコいいですね
    超クールです

  2. 2013年1月15日
    REYT INC.さんがコメントしました。

    自分でデザインしたマシンでオリジナル商品をつくる!
    うらやましーです。。ハチロさん!!

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインする必要があります。

1件のトラックバック