003atelier mille plateaux

2011年1月7日 geodesique

今回は
MAISON GÉODÉSIQUE(メゾン ジィオデシック)の2階にある
atelier mille plateaux(アトリエ ミルプラトー)の内装を
自分達で作っていった過程をご紹介させていただきます。

2010年5月
路面店の開店を期に
アトリエも用賀から中目黒に引っ越しをしました。
用賀時代は名前など無かったのですが
1階店舗の名前を決めるミーティングをしている時に
デザイナーの小島から「mille plateauxはどう?」という提案に
私はその意味は知らなかったのですが
響きがかっこいいなぁと思い
店舗の名前に押しましたが
結局却下になってしまいました。
それならばアトリエの名前にいただこうと言うことで
アトリエに名前が付くことになりました。

mille plateaux(ミルプラトー)とは
哲学者 ジル ドゥルーズと思想家 フェリックス ガタリの共著で
【千のプラトー 資本主義と分裂症】
という著書の仏名であります。

もともとは材木屋さんの資材置き場を改装した1階の店舗は
天井高5mもある空間でとても気持ちが良い。
2階は1階を高くしてしまった分
すこし天井高の低い日本家屋スタイル
もともとは住居として使用されていた空間で
古くもなく新しくもない和テイストな感じ。
いままでいた用賀のアトリエは
建築家 早川邦彦氏の手掛けたアトリエハウスでしたので
正直なところ以前とのギャップがかなりある…
そのままアトリエとして使うには少し寂しいので
自分達の力で出来る限りの改良をしてみる事にしました。

自分達の力でといっても
通常業務をしながらの突貫工事
引越しまでは3週間ちょっとしかない事を考えると
支度を含め工期は約1週間しか取れない
そんな時間でまったくの素人が出来るわけがない!
しかし
ワケもありますが
やればなんとかなるものです。
目標に向けて
どうすれば達成できるか考える。
そして実行する。
無理かもしれませんがやってみないと始まりません。
やり始めたらやるしかないのです。

兎に角
今回必ずやらなくてはいけない事は床を張る作業
一番大掛かりですが必須課題でした。
もともと2つに仕切られた空間には
床面に約4cmの段差があるので
ここをフラットにしないと
持ち込む工作機械類が綺麗に収まらない計算です。
段差は
重量のある機械類が載るので
床の下に空間をつくらない様に
パーティクルボードをひきつめて埋めていきました。
その上に
カナダ産OSBボードを全面にフラットにひき詰めます。
OSBボードを使ったのは
広い面積をフローリング材で埋めると
ものすごい金額になってしまう事を回避したのと
素人にはこちらの方が
施工しやすそうだったから
そして
現状回復することも考えるとこちらの方が
断然良かったからでした。
OSBボードは荒い木材の小片のかたまりなので
深い緑色のステインで着色することで
床に草をひきつめた様な表情ができて
最終的に安価で個性的な床に仕上がりました。

玄関から室内への境に出来てしまった段差は
斜めにスロープをつけてみました。

次に
古ぼけてしまっていた
木製の窓枠やドアや靴箱などを黄色のステインで着色していきます。

これは着色より
マスキング作業に時間をかけてじっくりやります。
ジュエリーの製作工程もそうですが
下地作業をしっかりと作業しておけば
後の作業効率が格段に早いですし
仕上がりの良し悪しは下地づくりで大きく変わります。
マスキングが終わればあとは着色!
手分けをして3人がかりで2日間で3度塗りしました。

あとは不要な出入り口を塞いでしまいます。

これで
室内は何とか荷物を運び込めるまでになりました。

そして
今度は工作機械の作業台を作っていきます。

ベースになるバフの機械の付いた台座を使い
リューター作業をする台を据え付けます。
用賀のアトリエで机の天板に使っていた板を加工して
集塵ボックスから集塵機に接続するためのパイプと足を取り付けて
緑色に着色をして据付けます。
かなり頑丈なので
複数人で一度に作業をしてもビクともしません。

おまけに
スクールデスクを加工したPCデスクをジャンボさんが作ってくれました。

まだまだ
やりたい事はありましたが
とりあえずここまで出来ていれば
あとは何とかなりそうです。
明日が引越しなので
タイムリミットで完成です。

材料の選定から調達・加工・施工
知り得る限りを尽くして約1ヶ月かかりました。
大変でしたが
自分たちの力で作ったアトリエは
とても愛着があり心地がよいものです。

次の日に荷物を運び込むのですが
アトリエいっぱいになった
ダンボールの山で一瞬途方にくれてしまいましたが
これでは仕事にならないという一心で片付けはじめるのでした。
 

実は、、、
文中に出てきました「ワケ」というのは、
私の友人であるジャンボさんが快く手伝ってくれたので
無事に作業を終える事が出来たのでした。
Special thanks!! Jumboさん!!

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリのはてなブックマーク数このエントリをつぶやく

atelier mille plateaux への3件のコメント

  1. 2011年1月7日
    special sourceさんがコメントしました。

    アトリエの引越し本当に大変だったですね。
    用賀にあったのが納まったのがすごいです。
    あの頃物件がMAXで、お手伝い出来なくてすみませんでした。
    今のアトリエすごく落ち着きますよ。
    上にほぼ住んでる方もいますしね。

  2. 2011年1月17日
    Geodesique 石井 啓太さんがコメントしました。

    お風呂が無いのが難点です。夏はたまに屋上で水浴びますが・・・

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインする必要があります。