八王子MODESTEにて

2012年12月31日 KNUT ceramic studio 小川由利子

こんにちは☆

早いもので2012年も終わりの日です。私もこれでようやく厄年から解放されます!

さて12月初旬、八王子MODESTEにて三人展を行いました。今回はその展示の様子を紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

八王子は東京でも都内より2,3度位気温が低い所です。賑やかな駅前を少し離れると小さなお店があちこちにあり、のんびりした日常を送れそうな街でした。「MODESTE」とはフランス語で謙虚で控えめという意味だそうです。

築42年の建物の一階を改装し、オーナーの望月さんが設計~施工まで自分の手で作ったすてきなカフェギャラリーです。

そのギャラリーで、守屋 篤(木工)・佐藤江利子(金工)・小川由利子(陶器)の三人による展示を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

什器もオーナーの手作りです。シンプルな色調ですが、木や鉄などの素材が調和しおしゃれな空間です。

温かい素材感はあるのに何にも邪魔をしないところがオーナーのセンスと人柄が出ている気がします。

こちらのテーブルは守屋さんの作品。その上に三人の器を飾りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

カッティングボードとスプーン(守屋 作)

 

 

 

 

 

 

 

 

杉の木のプレート(守屋 作)

 

 

 

 

 

 

 

 

↑このプレート、めちゃくちゃかっこ良かったです。思わず購入!木の目が細かい程、厳しい環境で育った証だそうです。

木って出会いがあるそうで、良い木と出会った時には、嬉しくなると同時にどう活かそうかと考えるそうです。

そういうの土にはないな~なんだかいいな~

そして完成しても木はずっと生きているってこと、そんな事を教えてもらい勉強になりました。

 

佐藤さんの女性らしいデザインの小物は、クリスマスプレゼントにも大人気でした。作りも丁寧で繊細、かわいかったです。

ピックや箸置き、小皿などの小物たち(佐藤作)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ストールに付けるピンや髪飾り(佐藤 作)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家族でワイワイ使ってほしく、私は大きめの鉢を作りました。今度は取り皿も作る予定です。

「 NIPPONの鉢Ⅱ 」 小川 作

 

 

 

 

 

 

 

 

白いカップ&ソーサー(小川 作)

 

 

 

 

 

 

 

素材は違いますが、それぞれの主張がなぜかうまい事調和に変わり、自然な空間になりました。そして素材が違くても作り手としての想いは似ていて話をしていて楽しかったです。

 

そして会期中限定、谷合洋菓子店によるデザートプレートも大好評でした!昔ながらのちょっと固めのプリン。私これ大好きです!

佐藤さんは在店日には必ず食べていました。

デザートプレートを食べる佐藤さん

4日間という短い期間でしたが地元の方、遠くから足を運んで頂いた方、皆様に観て頂けて嬉しかったです。

地元の皆さんに大勢いらして頂きました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年もお陰様で、色々な方々に支えられ一年を終える事ができました。

反省点も多い一年でしたが、新たな出会いや嬉しいこともありました。来年はさらに制作に集中し、皆様に楽しい作品をご覧頂けるよう精進して参ります。

今年一年本当にありがとうございました。

どうぞ良い年をお迎え下さい!

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリのはてなブックマーク数このエントリをつぶやく

八王子MODESTEにて への6件のコメント

  1. 2013年1月4日
    EXIT METAL WORK SUPPLY 清水薫さんがコメントしました。

    ギャラリー モデスト いいトコですね
    八王子かぁ 行ってみたいな

  2. 2013年1月9日
    Delivery Works 俵藤ひでとさんがコメントしました。

    ボクは本厄に突入で〜す

  3. 2013年1月16日
    REYT INC.さんがコメントしました。

    独特のイラスト、素敵ですね!
    取り皿とのセット。見てみたいです!!

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインする必要があります。