ツインズプレゼンツ

2011年3月1日 shawn&megu  久保田大喜

みなさまご無沙汰致しております。
俵藤さんのコラムにビビってしまい
あとに続くのは大変だな〜と思っていたら
気付くとこんな桜の咲く季節にズレ込んでしまいました。
(言い訳です、、申し訳ございません、、)

今回はある計画の為にクッションカバーを作りました。
一般的にこのようなものは柔らかい革を使うと思いますが
smのお店ではあえてヌメ革で作ってみました。

作り方は単純です。
革生地を作りその後ファスナーを仕込みます。

既製品では欲しい長さが無い為カットして合わせます。
ファスナーは意外にも簡単に長さ調節可能です。

あとは合わせて縫うだけなんですが
薄くて硬い革では糸のテンションに負けてステッチが裂けてしまう恐れがある為、テープを入れて補強します。

縫い合わせたらひっくり返します。

作る前に工程がイメージ出来ていたのでスムーズに作業が進みました。
このあたりはどんな職種も同じだと思いますがイメージトレーニングがしっかり出来ていると
あとの作業は非常にスムーズにはかどります。
の、はずでしたが思わぬ落とし穴が、、

ファスナーの位置を端にとり過ぎてしまい
クッションを入れるとその部分が立ち上がってマチのように見えてしまいます。
硬い革を使ってしまった誤算です。

あらためて距離をとった結果OKとなりました。
でもファスナーだけ見るとなんだかモンスターの口みたいですね。

じつはこのクッションカバー新居へ引っ越しする姉へのプレゼントです。
最初は家電かな〜と考えていたんですが、あらためて思うと
こうして自分たちで作ったものをプレゼント出来るなんて素敵な事かもしれないなと感じました。
今回は双子の弟と作業していたのでより一層そんな気持になれました。
なにしろこんな共同作業は子供の時以来です。

プレゼントはもらう方もそうですが、送った方も幸せな気持になれます。
たまには出来る範囲で気持を込めて作ったものを送るのも悪くは無いですよね。
みなさんもいかがですか?
喜んでくれるかな〜。

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリのはてなブックマーク数このエントリをつぶやく

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインする必要があります。