現代手工業乃党 10th Exhibitionを振り返って

2013年11月28日 丸太石陶材 大岩ナガマサ

先日の11月22日(金)~24(日)の3日間、東京のアーツ千代田3331において

現代手工業乃党の10回目の展示会が行われました。

年に1回の展示会ですのでもう10年!!10年って相当ですよね!!

それだけ長い期間を継続できるのはすごいことですね!!!

そんな機会を共に出来るメンバーの皆さんに出会えた事、展示会に足を運んでいただいた皆様に

支えられていることに感謝いたします。

さて、今回の展示会ではテーブルのプロダクトを2つ発表いたしました。

 

 

 

 

 

 

 

1つ目は毎回1つは展示会で持っていく技術の象嵌加工が施されたテーブルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

象嵌加工では展示会でいつも

「これは深さはどこまで入ってるの?」

ときかれますので、

「いえいえ、これは貫通してるんですよ!」

……(裏を覗く)

「おー、すごいですね~!!!」

と、言うくだりが多いので、貫通している部分を小口にデザイン的に見せることで、

視覚的に分かりやすくインパクトを持たせるようにしました。

ロゴは基本的に小さすぎなければある程度の象嵌は加工可能なので企業様ロゴ、ショップロゴ等を

入れてお店のエントランス床、什器などにも応用可能です。

もちろんテーブルに入れてもインパクト大!!ですよね。

もう1つはローテーブルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと小ぶりなサイドテーブルをイメージして作りました。

天板は黒御影石をマットに仕上げてアイアンの足と同じイメージを出して見ました。

表面はマットに仕上げることで汚れは付きやすくなりますが、逆にそれを利用して

木材と同じように経年変化を石でも楽しんでいただこうと思い作成しました。

あえて油染みで汚してビンテージ風になっていく感じもよいと思います。

そしてあまりにも無機質な感じがするので真鍮のフラットバーを小口に落とし込むことで

アクセントを加えました。

アイアンの足は三角すいの形状にすることで、シャープでモダンなイメージを持たせつつ

強度を出せるようにしてあります。

今回の展示会ではこちらはかなりご好評をいただけました。

これからも現代手工業乃党の活動を通じて、石材のイメージの改革と面白いご提案が出来るように

精進したいと思います。

よろしくお願いいたします。

珍しいお仕事

2013年1月26日 丸太石陶材 大岩ナガマサ

今年ももう1ヶ月が過ぎようとしていますね。

ほんとにあっという間に時間が過ぎてしまいますね。そう思うと1日1日を大事にしていきたいと思いますね。

 

今回のコラムでは最近やらせて頂きました珍しいお仕事を紹介したいと思います。

皆さんご承知?の通り、僕は石材をメインで扱っています。ここ最近では一部タイルなんかも扱ってはいますが、

そんな素材を加工しております。

何が珍しいのかって言いますと、素材が鉄と真鍮だったんです!!

 

お仕事の経緯としましては、僕の後輩が結婚することになりまして後輩本人が鉄を扱う

溶接屋さんを営んでいます。

そこでウェルカムボードを普段扱っている鉄でかっこよくしたいという相談がありました。

僕がこの現代手工業乃党で活動していることも知っていて、今までにどんなものを作ってきたのかも

すべて知っていました。その上で僕に話を持ってきてくれました。

非常にありがたいことだと思いました!!

とは言うものの鉄に関しては素人ですし、どこまでやれるのかもわかりませんでしたが後輩の晴れの舞台に

何か協力できればと思い受けることにしました。

鉄と真鍮を使いたいというオーダーがありかっこいいものを作りたいとの事でしたし、鉄の加工に関しては

本人はプロなのでお互いにやれることを担当しようということになり、デザインと真鍮の切断をしました。

 

 

 

 

 

 

 

普通ならレーザーでカットするんだと思いますが、会社にあった真鍮を利用してウォータージェットで

切断しました。コストはレーザーカットのほうが安いのか?と思いつつ、自分でCADデータを作ったので

自分で切っちゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

真鍮以外のデザイン部分はレーザー彫りにて!

こちらは2年前の展示会の際に自社ネームプレートをこういった形で彫って持っていたのを後輩が見て

かなり気になってたらしく、これでやって下さいとのリクエストがあり採用しました。

 

 

 

 

 

 

 

このウェルカムボードはお二人のスタートを象徴していますので、ここから二人のストーリーを描いていってほしい

という思いを込めて洋書の表紙をイメージしてデザインしました。

おとぎ話の本に出てくるような書体で、でもちょっとハードな一面も素材から感じるように。

あくまで主役はおふたりなので極力シンプルにしてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご本人にお渡ししたところすごく喜んでいただけました!!

素材が素材なので、時間がたつにつれあじも出てくると思います。

 

Hくん、今回はこちらこそありがとう!!勉強になりました。

いつまでもお幸せに!!

デザインして作る人たち 現代手工業乃党 2012Exhibition

2012年11月17日 丸太石陶材 大岩ナガマサ

今月初頭の週末 11月2日~4日までの3日間、東京都 南青山のライトボックススタジオ青山にて

現代手工業乃党の展示会が開催されました。

ぼくも今回で4回目の出品をさせて頂きました。連日沢山の方に足を運んでくださり大変嬉しく思いました。

僕自身も張り切ってプレゼンさせていただきまして、初日でのどをつぶしてしまうとハプニングに襲われ、

プレゼンさせていただいた方にも大変聞きづらい思いをさせてしまったかと思います。

そんな今回の展示会に出品いたしました作品をご紹介させていただきたいと思います。

 

・メダリオン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは前回のコラムで書かせていただいた大理石の象嵌加工によるメダリオンです。

石材の象嵌技術の精度を知っていただく為に皆さんに触っていただけるように展示いたしました。

細かなエッジまできちんと石材という素材で表現している点と裏面までその細部の収まりが

行き届いている点に注目していただきました。

 

・表札

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの表札はプロトタイプとしての出品でしたが、アルミのフレームの中に御影石の立体の切り文字が

おさまっています。ロックテイストのダメージがついたアルミのフレームと切り文字に厚みを持たせることで

出来た影がとてもいい味が出せたのではと思っています。

そしてこのアルミフレームはかなぐやの太田さんに作っていただきました。

作品に関しては「LEDをしこんで光を取り入れたらいいのでは?」とか、

「屋外での使用を考えた工夫があれば」などのご指摘をいただいたのでこれから製品化できるように

少しずつ煮詰めて生きたいと思います。

 

・tabletop

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のこちらのtabletopですが、実は石に鉄が象嵌されています。

「コンセプトは石に機能性を持たせる」ということでこちらの天板を作りました。

象嵌パーツに石を使うことで、マグネット製品をくっつけることが出来ます。

これにより石材製品の使用用途の巾が広がればという思いを込めて作成しました。

今回はtabletopとしてのご提案でしたが、壁面にこの技術を使っても面白いかもしれません。

 

今回の展示は全体的にガレージを連想させる構想で作品を作りました。

石材というとあくまでドレスアップが目的の化粧材というイメージでした。今回はそのイメージを変えるべく

ドレスダウンしたイメージでの出品となりました。

これを見て石材の使用の巾が多少なりとも広がればと思います。

 

 

そして今回も「かなぐや」とコラボレーションいたしましたのでこちらも紹介いたします。

大理石ドアノブ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

去年から引き続きこちらのプロジェクトは進行しております。

今年は押し引き扉用のドアハンドルもラインナップしております。大理石以外にもタイルを使用したモデルもありました。

 

 

 

 

 

 

大理石×真鍮の金具

こちらも今回初お目見えでした。

とても雰囲気の良い製品ですので是非気になる方はお買い求めいただけたらと思います。

お問合せ先は「かなぐや」までお願い致します。

 

これからも現代手工業乃党の活動を通じて石材のいろんな可能性を発信していきたいと思います。

みなさま宜しくお願い致します。

メダリオンの作成

2012年9月27日 丸太石陶材 大岩ナガマサ

早いものでもう朝晩は肌寒くなりましたね。

こうなると現代手工業乃党の展示会までもうすぐといった感じになりますね。

 

今回はロゴのメダリオンを作成しました。

このロゴメダリオンを作成しようとした意図なんですが、まずは丸太の得意分野でもある

大理石の象嵌加工の技術を見てもらいたいという事とこのロゴを作業場の身の回りに掲げておく事で

この石板に詰まった思いを目にするたびに再確認したいと思い作成しました。

 

使用する機械はたびたび紹介させていただいているウォータージェットカッティングシステムなので

今回は石材パーツの写真をメインで紹介します。

まずは図面からデータを抜き出し石材のパーツをカットします。

奥に見えるのが組み上げる為のベース枠です。

今回の象嵌のピース数は少ないですが相変わらず組み上げることを考えるとぞっとします。

(組み上げは欠けの恐れがあったり、接着剤を大量に使う為すごく気を使います…)

そうこういってる間に………

接着!!!!

おや?この形、デザインは?

斜めから

この写真の段階では接着後、フラットに削って大理石の目の中に再度種類の違う接着剤を流し込んである為

波模様の光る部分が写っています。

それを研磨するとこうなります。

光ってる!!色も濃くなりました。

うーん!平滑が出てますねー!!

こんなとこに萌えるのは作り手だからでしょうか?

さてさて、今回のロゴメダリオンのモチーフですが…

そうです!!

スーパーマン!!!

「MS」 まるた せきとうざい  です。

 

どうですか?感じでてますかね?

今回このデザインにしてどんな思いを込めたのかと言いますと…

石材か工業という業種の中では何でも出来るスーパーマンのような存在になりたいという事。

その思いを絶対に忘れない為にスーパーマンのロゴをオマージュして!

 

このメダリオンは今度の展示会にも出品しようと思います。

石の丁場

2012年6月4日 丸太石陶材 大岩ナガマサ

ここのところ暑い日が多くなってきましたね。

梅雨入り目前といったところでしょうか。季節の変わり目なので体調に気をつけて頑張りたいと思います。

さて今回は石の丁場についてのお話をしようと思います。

丁場とは石の採掘場所のことで、一般的には鉱山のことをさします。

町中で見かける石材のほとんどがここで説明するような丁場から採掘してきた物の加工品となります。

天然石材は御影石、大理石ともに成形される過程は違いますが地中から掘り起こされます。

丁場の写真を見てもらうと本当の地球素材であるとともに、限りある資源だっていうことを認識できます。

中国G603丁場 1

中国G603丁場 2

中国 山西黒丁場

上の3枚の写真は中国産の御影石の丁場の写真です。

いかにも鉱山といった感じではないでしょうか?

写真からも分かるように山を切り出していく感じです。石ですので当然重たいので危険な現場です。

イタリア ビアンコカララ丁場

こちらはイタリア産大理石 ビアンコカララの丁場写真になります。

採掘風景は御影石も似ていますね。

世界中のいろんな国でさまざまな色や種類の石材が採掘されています。

当然、採掘量や採掘に関わる経費によって石の値段が決まってきますので、

比較的中国産、アジア近辺の国で採掘される石種は安く、ヨーロッパ、アメリカ等その他大陸で

採掘される石種は高い傾向があります。

この値段の差は国内での現場での使用率にも顕著に現れています。

ただし、その石種がいつまでも採掘できるわけではありません。

現に中国産をはじめとする一部の石種は中国国内の開発や採掘量の問題で閉山となってしまい

今後の入手不可能なものも出てきています。

こういったところから採掘されてきた素材を上手く製品へと変換していくことが僕たちの使命だと思っています。

そこには色んな手法を使い、素材の提案もしていきたいと思っています。

大理石象眼加工 2010MMP展示会より

御影石 丸柱

BEAUTY & YOUTH ダイバーシティ東京

2012年4月21日 丸太石陶材 大岩ナガマサ

2012年4月19日 東京お台場に商業施設 DiverCity Tokyo PlazaがOPENしました。

そこで少しお仕事をさせていただけましたのでご紹介します。

今回のお仕事内容は丸太石陶材のいちおし技術でもある石材による象眼加工です。

そもそも今回のお仕事は一昨年前の現代手工業乃党の展示会がきっかけでした。

そのときはEXIT METAL WORK SUPPLYさんとのコラボ作品ということでテーブルを出品しました。

その天板に大理石の象眼を施して展示したのですが、それを見ていただいてた方からの問い合わせで

今回のお仕事に結びつくことが出来ました。

作業工程を順に紹介したいと思います。

まず、CADでデータ編集をして各パーツを切り出します。

こんな具合に細かくパーツ分けしました。

今回は黒御影石をベースとして白大理石で文字を入れました。文字の大きさが大小ありますが、

小さい文字は線が細く切り出しはとても気を使いました。

それぞれのパーツを組み合わせて再度研磨します。

以前にも紹介したことがありますが、大理石と御影石を同時に研磨することはとても技術がいります。

というのも、そもそも石が成形される過程が全然違うため磨くための砥石がちがうんです!!

ただ、うちではそれを可能にしちゃったわけなんです!!

全てのパーツを組み上げ、研磨した段階で仮並べを。ここで出荷前のチェックをします。

特に研磨した後なので艶にはチェックの目を厳しくします。

梱包後、工場を発送して工事屋さんが無事施工すると………

完成です!!!

今回はB.C.RECORDS 大西さんには大変お世話になりました。

また何かのお仕事でご一緒できることを楽しみにしています。

そして、大西さん UNITED ARROWSさんのご好意によりコラム等に写真をUPさせていただけました。

ありがとうございました。

最近の仕事

2012年3月24日 丸太石陶材 大岩ナガマサ

みなさんご無沙汰しております。

ぼくはこのところ体調をくずしてしまいまして大変困っております…

皆さんもこの季節の変わり目、体調だけはお気をつけ下さい。

さて、久々のコラムということで最近のお仕事についてお話させていただこうと思います。

近年の経済不況によりここのところ、仕事内容が急変してまいりました。

それについていくのがやっとの状況ですが、最近久しぶりにチョットこった出隅仕上げを加工しました。

(出隅って言うのはカウンターとかで言う厚み部分の仕上がり面の事を意味します。)

大理石の洗面カウンターなんですが、この現場に絡んできたパーツの出隅形状の写真がこちら。

アップでもう一枚。こちら。

凸R形状が小さな段の中に納まっています。この面形状を銀杏面と呼びます。

かなり加工に手間と技術がいります。

加工に時間はかかりますが(もちろん加工費もね。)きれいに出来上がったこの面は施工すると

とてもきれいです。

欧米風の雰囲気が出る加工となります。大理石では欧米風の建物に使われることが多い為、特に

一昔前まではこういった加工を施すことが多かったのですが、今ではめっきり減ってしまったために

この加工を上手に作れる技術をもった人材も年々減ってきているように思います。

そして、お客様のオーダーでこんな物も作ってみました。

かなり薄い材料をL型に接着してあります。

これは壁や柱のコーナーに使う化粧材の役物なんですが、(役物とは加工を施して作った製品のこと)

きれいな流れ模様の入った製品だと思いませんか?

実はこれ…

タイルなんです!!

裏を見ちゃうとびっくり…

まあ、天然大理石をメインで扱う僕らには多少残念なことではありますが、ここはお客様の

ニーズに合わせて。

一見、本物の大理石っぽいですよね?どの業界にもあるとは思いますが、精巧なフェイク品でした。

それぞれの材料で一長一短はありますが、常に時代の流れに乗った技術を研究して仕事をしていきたいと

思った今日この頃でした。

展示会とその後

2011年12月6日 丸太石陶材 大岩ナガマサ

~デザインして作る人たち~ 現代手工業乃党2011Exhibitionが終わり、早1ヶ月が過ぎてしまいました。

本当に月日のたつのは早いものですね。街はもうクリスマスムード一色と言ったところでしょうか。

今回の展示会で僕は、ローテーブルとブックスタンドを出品させていただきました。

今までの展示作品とは違い、象眼加工等の特殊技術は封印しつつ素材だけで勝負してみようという

自分なりの挑戦でもありました。

今回のローテーブルは大変ご好評頂き僕の中でもとても自信につながりました。

展示会での見せ方などとても勉強になる部分も多く、今後への手ごたえもありました。

まだまだいろんな意味で成長していかなければならないこともありますが、日々が自分への成長の

糧だと思いながら毎日を過ごしていきたいと思います。

その節々にある一年に一回の展示会では面白い提案が出来たらとおもいます。

また今回はスタジオミラの太田彩子さんともコラボ作品を出展いたしました。

こちらもすごく好評で僕自身の作品とは真逆のイメージでカラフルで、素材感のある面白いドアノブと

なりました。展示場所も真横ということで、石の素材の巾が同時に見れる良い場所になったのではと

思いました。

そして、その後ですが毎日の日常に逆戻りとなりました。

毎日、納期と格闘しておりますが年末に向かって仕事もすごく増えてきました。

そんな中、展示会がらみの問い合わせも頂くことが出来ました!!

これからも精一杯頑張っていきますので、皆さん宜しくお願い致します。

Arrayドアノブ共同開発

2011年10月14日 丸太石陶材 大岩ナガマサ

お久しぶりです。

現代手工業乃党の展示会まで残すところ2週間とせまってきました。

年に一回の不安交じりの楽しみであるこの展示会に今回はstudio MIRA太田彩子さんと

共同開発でドアノブを作成しました。

前回の太田さんのコラムで少しアップされていますので、僕の方は製作について書いてみたいと思います。

まず、はじめにドアノブの握り玉を削りだす材料を用意します。

丸い形状の握り玉の為、あとの作業を考え円柱状に素材を用意します。

底に穴を開けます。

これが今回太田さんの用意する真鍮とドッキングするためのキモの部分となります。

これを削りだすわけですが…      手作業で削りだします。

手作業ならではの微妙な質感がいかにもいい風合いをかもし出します。

これは機械の旋盤加工等では出せません。

しかし、球なのである程度の正確な丸は必要です…

今手元にあるものを最大限に生かしてジグを作ります。

グラインダーにドッキングです!!

かなり作り方に良い意味での勢いを感じます…

・・・・・・・

・・・完成です。   夢中でやったら作業中の写真を撮り忘れました…

これが太田さんのてによって、雰囲気のあるドアノブへとなります。

展示会での完成形をこうご期待!!

石を補修する

2011年7月8日 丸太石陶材 大岩ナガマサ

もうすっかり夏本番ですね。

熱中症とか水の事故とか毎日のように報道で耳にしますので皆さん気をつけてくださいね。

残りのエントリーを読む →