005ショールーム&新商品計画 その2

2012年5月9日 REYT INC.

GWが明けました。リフレッシュ完了のREYT INC.! 皆さま、今月のコラムもどうぞお付き合いください。


前回のコラムで少しご報告したREYT INC.のショールーム計画。ベース工事もどうにか(!?)終了し、それなりのカタチになったかなー。ということで、GW明けからショールームをOPENしました。

板ベースの私たちREYT INC.を感じてもらえるMETAL WORKSラボ、終わりなくプロトタイプが増えていくので。。私は”なかなか帰宅したくない事務所”になってきました。笑

何を作るにも板ありきのREYT INC. 。モチロン、パイプ/棒を使ったもの作りもしていますが、まずは鉄板からスタート。一時期、今まであまりに当たり前だった鉄板よりもパイプ/棒などに夢中だったのですが、目が覚めました。

そこで、”本棚を板ベースで作りましょう!”という流れに。各種カタログから仕事とはまったく関係がないエロ本(!?)まで収納出来るサイズにしますかということで、幅1,500mm / 高さ2,000mmのサイズに。

ノックダウンにしない予定でデザイン/設計/展開/パーツ製作/溶接まで進んでいたのですが、工場長の”異様にデカイんだけど。。。”という悪魔の囁きで。。半分まで組み上がったフレームを持って、搬入可能なすべての入り口から一度搬入テスト。
『ヤバい!もしかして、ギリ入らないかも。。。』、チャレンジしてみても良かったかもしれないのですが、塗装上がった状態では正直微妙。。的な嫌な胸騒ぎが。

ということで、どうにか後戻り出来そうなタイミングだったこともあり。。急遽、ノックダウンに変更です。涙


■本棚:本体上部

天板/底板/本体上部/本体下部/棚板/背面パネル/支柱と細かく分割。支柱以外はすべて板。
本が重いので、什器自体は出来るだけ軽量化を目指し、出来るだけ開口を多めに。本体のフレーム部は意図した寸法にするため、さらに強度を出すために板を折り曲げたものを溶接して組み上げています。前面に走っている支柱だけは。。すみません!パイプを使用しています。


■本棚:仮組状態[未塗装、棚板/背面板は未装着]


■本棚:設置した後

上部1段切れてしまっているので、全部で5段。収納物、現在製作中のキャビネット(後述)が上がった段階で再度整理するので。。もう少し美しく並べます!

ご時世柄、地震考慮して壁にアンカーを打ってはいますが、パッとみキャシャでボルト固定の本体であるもののグラツキもほとんどなく、なかなかタフなものになりました。製作途中から急遽仕様を変更したため、当初予定にはなかった切り欠きなどが発生してしまったのが。。心残りです。毎度潜んでいるハプニング、次回の勉強をしたということで。笑

本棚をはじめ、数々のプロトタイプがこのような感じに納まっています。


■”なかなか帰宅したくない事務所”:その1


■”なかなか帰宅したくない事務所”:その2


■”なかなか帰宅したくない事務所”:その3

『”なかなか帰宅したくない事務所”:その1』に映り込んでいるハンガースタンド。これもバー、アジャスター部以外すべて板で製作してみました。補強方法を工夫し、これもかなりタフなものに。笑


■ハンガースタンド:補強部

まだこのショールームには並んでいないのですが、プロダクト化見据えて進めているプロトタイプ。未塗装&キャスター未装着ではありますが、出来立てホヤホヤの画像を最後に掲載します。


■キャビネット:6段引き出しタイプ

幅600mm / 奥行き400mm / 高さ850mm の収納力バッチリのキャビネット。実は前回のコラムで紹介したストレージ、そのベースになっているボックスをキャビネットの引き出しにセットしました。納まりの都合で取り合いなど修正加えていますが、あのボックスが原点です。

形状をいかし、ボックスのフロントパネルを取手とした仕様に。傾斜しているのであまり感じないのですが、引き出しを引いたときのクリアランスがたまりません。笑

■6段すべて、最下段と同距離引き出せる


■2段目のみ引き出し


■上部から覗いた様子


■逆に下から見上げた様子

仕上げ前なので、ギラツキが強く。。手の脂も気になりますね(笑)。最終はマットで自然な感じになります。このコラムを書きながら、デスクに並んでいる仕上げサンプルを眺め、思わず笑みが。。キャスターが付いて、ショールームに設置されたら改めてご紹介したいと思います。

幾度もこういった箱&機構ものを作ってきました。最近連続したこともあってか、キャビネットの仕様などバチッと決まってきた感があります。納まり/引き出し&レールのテンションetc…とてもいい感じです。残すはもう1つの機構、ここが決まれば別ルートで登頂可能に。いざチャレンジです!

機会がありましたら、REYT INC.で1度お試しください。工事中箇所が随所に点在します(笑)が、現在商品化されているアイテム、スタッフが使用するREYT INC.オリジナルアイテムを購入することも可能ですので、お気軽にお越しください!!

株式会社レイティー www.reyt.co.jp/

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリのはてなブックマーク数このエントリをつぶやく

ショールーム&新商品計画 その2 への8件のコメント

  1. 2012年5月10日
    shawn&megu  久保田大喜さんがコメントしました。

    おお〜カッコイイですね〜

    でもダメですよ、、帰らないと、、

    まさに男の隠れ家?、、うらやましいっ

    • 2012年5月10日
      REYT INC.さんがコメントしました。

      久保田さん、ありがとうございます!
      狭いので、それが隠れ家ちっくで。笑
      ※ムスメ待ってるから、ほどほどで帰りますー!

  2. 2012年5月10日
    EXIT METAL WORK SUPPLY 清水薫さんがコメントしました。

    いい感じに出来上がってきたね
    21世紀のジャンプルーベ 目指してみようか!
    今度 見に行くね

    • 2012年5月10日
      REYT INC.さんがコメントしました。

      清水さん、ありがとうございます!
      うわー、プルーヴェ。。た、高すぎですよー。笑
      是非是非、来てください!

  3. 2012年5月11日
    special sourceさんがコメントしました。

    パナのWD200か〜。頑丈でいいやつ使ってるね〜。
    ショールームオープンおめでとう!!
    遊びに行くのが楽しみ!って、1番近いのに、早くしなきゃねっ!

    • 2012年5月11日
      REYT INC.さんがコメントしました。

      モリソンさん、ありがとうございます!
      どうにかフェーズ1完了出来ました。笑
      お時間出来ましたら、是非!!

      WD200の横にかなりの厚板までいける最強が。。ウフフ。

  4. 2012年5月18日
    hitin metals 佐藤江利子さんがコメントしました。

    こんな事務所なら、本当に帰りたくなくなりますね。
    気分良く仕事出来るし!
    プロダクト見るの楽しみです◎

    • 2012年5月18日
      REYT INC.さんがコメントしました。

      佐藤さん、ありがとうございます!
      狭い&細部まだまだですが(笑)、リラックスしてます。
      キャビネット、そろそろ塗装上がってきますー!!

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインする必要があります。