012HOT ROD CUSTOM SHOW 2012

2012年12月12日 REYT INC.

寒い。。。というよりも痛い! 寒風に吹かれながらの作業は。。少々遠慮したくなってしまう季節到来です。何せREYT INC.北側に面しているので、塗装作業には特にキビシい!涙

皆さま、今月のコラムもどうぞお付き合いください。


「デザインして作る人たち 現代手工業乃党 2012 Exhibition」から1ヶ月の12月2日、地元横浜で開催された「HOT ROD CUSTOM SHOW 2012」に出展してきました。クルマやバイクではなく、REYT INC.は作る人をサポートする側として家具什器を持ち込みました。11月とほぼ同じセットではありますが、決して手抜きではありません!今年の最後はカスタムカルチャーへ挑戦です。

ガレージに転がる”赤いキャビネット”。スタイルなのかもしれませんが、ベアメタルで出来たキャビネットなんてのも面白そう。作業中に跨がるツールクリーパー。クルマ・バイクの如く、お気に入りのペイントが入ってたら気持ちいいかも。。という思いから、このショーへエントリーしてみたくなりました。ビルダーをサポートする家具什器カスタムもカスタムカルチャーの”ど真ん中”!REYT INC.は考えますが、参加出来るか否かは主催者の判断です。11月の展示会準備と並行して審査結果を待ち(これが何気に長く感じるんです。笑)、開催1ヶ月前にCOLLECTIVITIES ALLEYというカテゴリでエントリーOKのレンラクをいただきました!


■黄色が眩しい参加受理証入りの封筒。

ガレージスタイルということもあるので、床&仕切りは会場そのままで使うことにしました。(予算がキツかったということもあるのですが。笑) REYT INC.ブースはこんな感じになりました。11月の展示会とほぼ同じ構成ですが、多少は違う印象になりましたでしょうか。ただ。。。今となっては、壁だけでももう少しどうにかすればよかったですね。。


■HRCS2012、REYT INC.ブース。

今回はスポットライトの代わりに投光器を使ってみました。インダストリアル感漂う濃いグレーに塗り替え、べースに支柱だけが伸びたシンプルなスタンドにセット。シェードの塗装はしっかりマスキングしてツートンに、さらにガードはメッキでブラックアウト。なかなか手が込んでいるだけあって、投光器っぽくなくていい感じです。


■塗装後の投光器

さらにREYT INC.のサイン、ディスプレイになるタイプを作りました。ペインターはDAMKY signsの金子裕亮くん。ゴールド系で!なんて打ち合わせていたら、ゴールドリーフで仕上げてくれているじゃないですか!! 配色・デザインともに出過ぎず、かといって下がり過ぎず。絶妙。。ボディーワークはフレーム、本体、ガラス、さらに真鍮の押し縁で奥行きを感じるように作り込みました。スポット痕、鉄&真鍮のエッジ、ペイントの相性に趣きを感じるのは私だけでしょうか。


■サイン、デカデカと。

ツールクリーパーはスペシャルEDT.で、またキャビネットもベアメタル仕上げで製作依頼をいただくことが出来ました。 REYT INC.ブースにお越しいただいた方々に”ビルダーをサポートする家具什器のカスタム”を理解していただくことが出来たこと、とても嬉しく思います。”キャビネット、別に赤じゃなくてもいいもんねー。”なんて言葉をいただいた時は、鳥肌が。。

ただ、鉄・真鍮およびレザーのグッズも展示販売していたこともあって、そちらがメイン/持ち込んだモノたちは”什器”と勘違いされることもしばしば。。しかも、自分たちで作っているとは思われず。。お話していくと理解してもらえたのですが、そこがストレートに伝わる展示方法というのも次回への課題点になりました。展示会に参加する度、新たに見つかる課題点。修正して次こそは!と意気込んで次回を迎えても、また課題と反省。おそらく、終わりは来ませんね。笑

この年1回のお祭り「HOT ROD CUSTOM SHOW」に参加するにあたって多くの方々にサポートしていただきました。この場をお借りして、有限会社KCI様、虹色屋 Veatonさん、Ginger Designs 伊藤さん、そしてDAMKY signs 金子くん。REYT INC.の製作にご協力いただき、ありがとうございました! また、イロイロとよろしくお願いします。笑

最後にHOT ROD CUSTOM SHOW 2012の様子。お祭りということで、画像多めに!前日の写真ですが。笑













ん!?、これはSlaptone 平山さんのTYPE2! 今年も置いてましたね、アワード。深いグレーでの出し入れ、最高です。。





イベントの様子はHOT ROD CUSTOM SHOW 2012 オフィシャルからご覧ください!ちなみに。。REYT INC.ブースもオフィシャルに掲載されています。笑

株式会社レイティー www.reyt.co.jp/

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリのはてなブックマーク数このエントリをつぶやく

HOT ROD CUSTOM SHOW 2012 への8件のコメント

  1. 2012年12月12日
    丸太石陶材 大岩ナガマサさんがコメントしました。

    HOT ROD CUSTOM SHOWお疲れ様でした。

    REYTさんの作る物はいつ、何度見てもしびれますね~!
    あこがれます!!

    ぼくもがんばろーっと!!

    • 2012年12月12日
      REYT INC.さんがコメントしました。

      ナガマサさん、ありがとうございます!
      そして、恐縮です。。てか、11月と同じ。笑

      ガレージスタイルで今度ご一緒させてくださいネ!!

  2. 2012年12月12日
    special sourceさんがコメントしました。

    タカちゃん昨日はどうもありがとう!!
    HOT RODなんてすごいね!
    いろいろ話が来てていい感じだね。
    もっともっと来るといいね!

    • 2012年12月12日
      REYT INC.さんがコメントしました。

      モリソンさん、ありがとうございます!
      急に押しかけた上に突然の呼び戻し。。スミマセン。汗

      とても素敵なショールームですね!!
      作品の持つチカラに圧倒されてしまいました。
      また今度ゆっくりとお邪魔させてください!

      HOT ROD、無謀にもチャレンジしちゃいました。笑
      より多くの人とおシゴト出来るように頑張ります!

  3. 2012年12月18日
    EXIT METAL WORK SUPPLY 清水薫さんがコメントしました。

    スゲーカッコいい
    最高っ!!!!

    • 2012年12月19日
      REYT INC.さんがコメントしました。

      清水さん、ありがとうございます!
      “暗がりの中、投光器の灯りだけ。”的なイメージ、理想でしたが。。
      それは残業時、ボクのスタイルにします。笑

      ところで単車の写真にある真鍮の袋ナット。
      あのニクい造形、個人的にヤラれました!笑

  4. 2012年12月26日
    KNUT ceramic studio 小川由利子さんがコメントしました。

    形が力強くてかっこよくて、でも作りには繊細なところがあって男子ってすごいな~とつくづく思いました。
    こだわりとか何か色々女性にはないものを感じました!

    • 2012年12月27日
      REYT INC.さんがコメントしました。

      小川さん、ありがとうございます!&恐縮です。。。
      “ザ・男子”的なイベント、参加してしまいました。笑
      皆さん、ハンパない作り込みで。大変勉強になりました。

      ちなみに写真未掲載ですが、投光器スタンドのベース部分。
      箱状になっているんですが。。
      立ち上がりは90度じゃなく、若干鋭角!
      作り手じゃないと、気付かないとこなのに。。笑

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインする必要があります。