卒アトリエ

2013年4月2日 atelierYJK 國武 泰子

日本中、桜ウェ〜ブが駆け巡っていますね、日本の春は美しいです。

 

 

 

 

 

 

 

さて、今回はものづくりネタではなく、私事なのですが、

この度、私が所属するAMP GALLERY&CAFE内アトリエを離れる事になりました。

 

 

 

 

 

 

 

佐賀の背振山麓、全国的には遺跡で知られた吉野ヶ里、といった方が分かり易いでしょうか、

山の麓の綺麗な水と空気の自然豊かな土地にAMPはあります。

元々はお茶工場だった所を、鉄の作家さんを始めとするメンバーの手によって、

アトリエとして改装されました。

 

 

 

 

 

 

 

随分錆びましたが、ギャラリーの巨大な鉄の扉。

鉄の作家さんが事故で他界され、その空いた場所をお借りする運びとなり、

4年前、ここでものづくりを始める事になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本業のジュエリーと兼業で始めたメタルdeものづくり。

福岡中心部から片道1時間かけて、週末に通う日々。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鉄の作家・寺田太郎氏の作品がそこここに。

 

 

 

 

 

 

 

鹿の手前にチラ見えしている、箱船という大きな作品。

今は展示から外してあり、撮影しようにも画面に収まりませんでしたが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寺田氏の作品は、私がAMPに参加する前から、誰が作ったと知らずに福岡市内の

至る所で目にしては、カッコいいなーと惹かれていました。

結局生前に出会う事は無かったのですが、勝手に呼ばれたのだと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらがアトリエ側の鉄扉。赤く錆びてますが、とても綺麗です。

 

隣のブースで作品を作っている工房仲間の鋳造作家、

ギャラリーでは色んな分野のアーティストさんによる展示、

作業の合間には、カフェで休憩。山の湧き水で淹れて貰うコーヒーにホッと一息。

イベント、ワークショップ、ライブ、自然の中で発見する動植物から受けるインスピレーションの数々、

こんな環境で4年間、ものづくりを続ける事が出来て、とても幸せでした。

これからも拠点を変えてものづくりは勿論続けていく所存です。

 

 

 

 

 

力一杯の感謝を込めて。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリのはてなブックマーク数このエントリをつぶやく

卒アトリエ への6件のコメント

  1. 2013年4月3日
    EXIT METAL WORK SUPPLY 清水薫さんがコメントしました。

    しかし 素敵な作品ですね
    見たかったなぁ

    • 2013年4月3日
      atelierYJK 國武 泰子さんがコメントしました。

      展示されてる状態じゃないのと、周りに何も無い所なのでカフェが閉まっていると
      中々人を呼びにくいのですが、またどこかで展示される際はご案内しますね。

  2. 2013年4月3日
    REYT INC.さんがコメントしました。

    呼ばれたんですよね、間違いなく。
    作品たちを介して。

    この時期、”卒”という文字を見ると
    何故か切なくなりますね。。

    • 2013年4月3日
      atelierYJK 國武 泰子さんがコメントしました。

      ですね、直接言葉で呼ばれるより強力な引力感じます。
      桜が助長しますね、切なさを。愛しさと、切なさと、糸井重さと。はい、スミマセン。

  3. 2013年4月16日
    KNUT ceramic studio 小川由利子さんがコメントしました。

    箱舟、実物が観てみたいです!
    ほんとにいい所、すてきなアトリエで作業されてたんですね~☆

    • 2013年4月17日
      atelierYJK 國武 泰子さんがコメントしました。

      箱船、ギャラリーに出してある時は撮影できるのですが、
      裏方のアトリエにしまってあると全貌が写らないのが残年です。
      とても良い所でした。次もそういう環境を作りたいものです。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインする必要があります。